MENU

すっぽんの効果・効能

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



すっぽんの効果・効能とは?

 

すっぽん小町

 

すっぽんの効果・効能は↓↓

  • 滋養強壮・疲労回復
  • 美肌効果
  • 精力増強
  • 基礎代謝向上
  • ダイエット効果
  • 造血、貧血予防
  • 骨、歯を丈夫にする作用

 

そもそも、『すっぽん』とは!?

 

すっぽんとは、カメ科に属する生物で、沼、池、河川などに生息しており、日本南部、中国、台湾、モンゴル、朝鮮半島、インドシナ北部など広い地域に生息しています。カメの仲間ではありますが、甲羅は角質化していないため柔らかいという特徴を持ち、この柔らかい甲羅の周辺に良質なコラーゲンをたっぷり含んでいます。

 

大きさは20cmから35cm程度。甲背は灰褐色で模様はありません。腹面は白色。みずかきが発達しているのが特徴です。気性が荒いため、指などに噛みつくことがあるため注意が必要です。肉食で小魚類,昆虫類などを捕食。

 

すっぽん小町

 

亀とすっぽんの大きな違いは?

 

亀の甲羅には六角形の模様がありますが、すっぽんの甲羅は模様がなくやわらかいことです。

 

すっぽんの甲羅周辺は「エンペラ」と呼ばれ、エンペラはコラーゲンのかたまりです。

 

エンペラは美容効果がとても高いとされており、すっぽん料理として美肌を目指す女性たちにの間で食べられています。

 

日本においては全国各地に野生として生息していますが、非常に臆病な生き物のため人前にはめったに現れません。日本で食用にされるすっぽんは天然と養殖どちらもあります。養殖の場合、最大の生産地は静岡県の浜名湖です。

 

すっぽんは生体としては水中生活に適応しており、陸上にはほとんど出てきません。食性は雑食性で、その強靭な顎の力で魚類、貝類、甲殻類、水草など動物性植物性など区別なしに食べます。

 

すっぽんの旬っていつ頃?

 

すっぽんは水温が15℃以下になると長期冬眠します。そして水温が15℃以上になると水中から出てきます。すっぽんの旬は冬眠に入る前の秋から冬にかけてで、すっぽんはこの頃に脂が一番のっていて非常に美味と言われています。
年に一回この時期にすっぽんを食べるのを習慣にしている人も多いようです。

 

また、すっぽんは古くからスタミナ食として食べられていて、生き血をワインや日本酒で割った食前酒が有名です。

 

只今、初回限定!すっぽん小町公式サイトにて♪最安値&プレゼント付きキャンペーン実施中

↓↓↓↓