MENU

コラーゲンを減少させる糖化とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



 

体内のコラーゲンは年齢と共に減少し、質が低下していきます。
それ以外でも身体の中で働くコラーゲンに悪影響を及ぼすNG習慣があります!
せっかく美容や健康のことを考えてコラーゲンサプリを摂取していても、体内のコラーゲンを減らしてしまうような生活習慣を送っていたらもったいないですよね。

 

それでは、あなたにコラーゲンの老化を防いでいつまでも若々しくいられる習慣をお伝えしていきますね。

 

コラーゲンの働きに関わるNG習慣とは?

 

ズバリ!! 糖化です。

 

糖化って何?

 

「糖化」とは、体内のたんぱく質と糖が体温によって結びつく現象をいいます。糖化が起きると「終末糖化産物」=AGEという物質ができるのですが、この物質は放っておくと強い毒性を持ち、AGEの蓄積が体の機能を急速に衰えさせてしまうことがわかってきました。

 

コラーゲンもたんぱく質の一種ですから、食べ物から摂取した糖が熱によって結びつくと、コラーゲンが糖化してAGEが蓄積します。

 

AGEが増えるとコラーゲンが変質し、細胞を内側から支えるという大事な役割を果たせなくなってしまうのです。

 

老化の原因と言われる糖化とコラーゲンへのダメージ

 

糖化は強い毒性を持つことが確認されています。
このAGEの発生によりコラーゲンを分解してしまう酵素の量が約2倍にも増えるといわれています。

 

結果、コラーゲンは本来の弾力性が失われてしまい、伸縮性の無い硬い繊維状態になってしまうため肌の弾力を支える力や元に戻ろうとする働きが弱まるといった肌の老化に繋がると言われています。

 

糖化=老化

 

糖化の状態

 

あなたの、綺麗の大敵はこげつきです!

 

すっぽん小町

 

パンやホットケーキなどの糖質とタンパク質が合わさり、熱を与えると茶色く焼き上がりますよね。あの状態が糖化状態を指し、AGEが発生した状態と言われています。

 

この糖化はコラーゲンの効果、働きを下げてしまうことにも繋がり、劣化させてしまう可能性が高いと言われています。

 

糖化はどのようにして起こるの?

 

糖化は血中のブドウ糖が過剰になると、タンパク質に結びつき糖化が起きる場合と、食事から取り込む糖質による影響があります。

 

食事などで摂ったAGEは消化段階で分解されるものの、全てではなく、体の中に溜まってしまいます。

 

これが蓄積されていくことで、タンパク質との結びつきが起き、糖化が進んでしまいます。

 

糖化はコラーゲンの働きを邪魔してしまう大きな要因の一つです。

 

すっぽん小町

 

若いうちからこの糖化対策を意識することで、体の中のコラーゲンの働きを保つことに繋がり体内の老化を遅らせることができます。

 

知らなきゃ損する糖化対策の習慣9選♡

 

糖化は摂取する糖質、体内の血糖値と関わりが深いです。
そのため、食生活や生活習慣で糖質の摂り方、血糖値の上昇を防ぐといった習慣が基本となります。

 

すっぽん小町

 

GI値の低い食品を選ぶ!

 

GI値とは?

 

血糖値を急激に上げる食品と上げにくい食品があります。その目安となるのがGI値です。
同じグラム数の炭水化物を摂ったとき、食後の血糖値がどれくらい上がるかを示す値です。

 

例えば、そば、うどん、白ご飯を食べて血糖値の上昇を比べてみたら、最も上がりにくいのはそば、次はうどん、最も上がるのは白ご飯という結果が。また人参やかぼちゃの根菜類は血糖値が上がりやすく、ほうれん草やキャベツは上がりにくいなど、野菜の中でも差があります。

 

すっぽん小町

 

AGEの多い食品は控える!

(ベーコン・フランクフルトの直火焼き・焼鮭・マヨネーズ・ステーキ焼き)

 

すっぽん小町

 

食べる順番は“ベジタブルファースト”を実践!

(サラダ⇒メインのたんぱく質⇒ごはんの炭水化物)
野菜を先に食べるだけで血糖値の上昇を抑えられる。

 

糖質の摂りすぎに注意する

(炭水化物や糖分の多い食べ物を控える)

 

調理方法の改善『焼く・揚げる』といった調理仕方で糖化が起きやすくなる!

 

すっぽん小町

 

糖化を防ぐのに関わる発酵食品を補う

 

食後の血糖値の上昇を防ぐための運動など身体を動かす習慣を!

(筋トレ・食後のこまごまとした片付けお皿洗いレベルでもOK)

 

早食いをしない

 

食事を一気にかき込むと、糖質が一気に消化器官に流れ込こんで血中に運ばれるため、糖化が起こりやすくなってしまいます。食事は一口ごとに良く噛んで時間をかけてゆっくりと摂るようにしましょう。

 

寝る前の食事・おやつは控える

 

血糖値の上昇は食べる時間によっても違い、夜は食事後の血糖値の上昇が急激になりがちです。食事はできるだけ午後7時位までに済ませ、午後9時以降は食べることを控えて、肌や健康の為に質の良い睡眠を摂って下さいね。

 

糖化が進んだ身体は高血糖状態にもなり、肌だけでなく、骨や内臓、筋肉、臓器といった場所にも影響が大きいです。

 

特に糖化が進んだ肌はハリがなく、シワやシミもできやすく、くすんだ状態になり実年齢より老けて見えます。

 

さらにタンパク質が脆くなると、体を作る機能が低下し、健康を維持する働きが衰えてしまうため、若いうちから対策を摂ることが大切です。

 

すっぽん小町

 

今!あなたが口にしている食べ物、飲み物は5年~10年後のあなたの体・顔の老け具合を左右する!と言っても過言ではありませんよ。

 

食べる時の順番として意識したいのは、血糖値の上昇を抑えることにも効果的な野菜を最初に食べる、そして20回以上噛むことで満腹中枢にも影響を与えて、ドカ食いなど一気に沢山の量を食べてしまうのを軽減させます。

 

糖質・脂質は必要な栄養ではあるものの、摂りすぎは健康面への影響が大きいため、コラーゲンの減少や生成に影響を与えるだけでなく、健康的な体を維持する上でも年齢と共に適度な摂り方を心がける必要があります。

 

食生活の偏り

 

すっぽん小町

 

糖化は、普段の食生活・習慣が大きく影響しています。
偏った食生活やお菓子やスイーツを食事の代わりに食べる習慣などは、年齢を重ねると共に影響が大きくなります。
偏った食生活により、体を作るための栄養が徐々に不足していきますので、新たなコラーゲン合成のための栄養も足りなくなってしまいます。

 

まとめ

コラーゲンの働きに大きな影響を与えると言われている恐ろしい糖化についてと、見直したいNG習慣についてご紹介しました。
現代人の多くの方が心当たりがありそうですね。

 

少しづつでも改善に向けて生活習慣・食習慣を変えていくことが将来の自分の健康や若々しさに繋がります!
コラーゲンを摂るだけでなく、コラーゲンを減少、働きを邪魔しない習慣を意識してみることもとっても大切です。

 

⇒すっぽん小町公式サイトはコチラ♡すっぽんサプリ7年連続通販売り上げナンバーワンの実績!

 

 

 

 

すっぽん小町メインへ