MENU

コラーゲンの副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



コラーゲンの副作用について

 

今回は「コラーゲンの副作用」について、まずはサプリメントやドリンク等からするコラーゲンに限っての副作用についての解説です。

 

コラーゲンは昔から人間が食べてきた牛肉や豚肉、鶏肉や魚などに多く含まれていますが、食べ物から摂取するコラーゲンは基本的に副作用といわれるものはありません。

 

しかし、副作用があるとすれば、それぞれの食べ物に対するアレルギーが考えられますが、食べ物に含まれるコラーゲンが原因なのか、それとも食べ物それぞれの違うコラーゲン以外の成分が原因なのかは個々によって違ってきます。

 

食べ物から摂取するよりもコラーゲンサプリメントや、ドリンクから吸収する方がコラーゲンを摂取する比率が高いと言えますので、副作用が人によっては出てくる可能性はない!とは言えません。

 

コラーゲンはタンパク質の一種で消化されればアミノ酸に分解されます。

 

すっぽん小町

 

食べ物とサプリメントのコラーゲンは少し違うことを前提に、コラーゲンの副作用について説明していきますね!(^^)!

 

すっぽん小町

 

アレルギー

 

コラーゲンの副作用として、蕁麻疹(じんましん)などアレルギーが出る方が稀にみえます。

 

コラーゲンでアレルギーが出る方には、日頃からタンパク質アレルギーの方もおられ、コラーゲンがタンパク質だと認識せずに食べてみたら蕁麻疹が出たという例も実際ありました。

 

また、アトピー性皮膚炎の方にもコラーゲン摂取でアレルギーが出ることがあるようです。

 

ニキビ・吹き出物

 

アレルギーの他に時々耳にするのが「ニキビや吹き出物」です。

 

吸収されたコラーゲンのペプチドや特有のアミノ酸が原因となっているかどうかは不明ですが、そのサプリメントに含まれている他の成分が原因の場合も考えられます。

 

特にコラーゲンドリンクは液体で色々と添加しやすいことから、ヒアルロン酸やビタミン類などの美容成分や味を調整する香料や甘味料等の添加物が入っています。

 

規定量を超える、1日に2本や3本も飲んだりするとニキビや吹き出物が出やすくなる可能性もあります。

 

必ずコラーゲンサプリメントでも、ドリンクでもそれぞれのメーカー推奨の1日の摂取量を守って下さいね(^_-)-☆
過剰摂取は逆効果になる恐れが高いですよ。

 

妊娠中・授乳中の摂取

「健康食品」の安全性・有効性情報では、アレルギーを誘発する可能性が示唆され、妊娠中・授乳中の安全性についての十分なデータがないことからサプリメントとしての使用を避けるべきとされています。

 

すっぽん小町

 

芸能人も愛飲!すっぽん小町

すっぽん小町

 

 

 

すっぽん小町メインへ