MENU

コラーゲンと血管の密接な関係って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



コラーゲンは皮膚や骨などの骨組となり、それらの強度と弾力性を担っています。

 

すっぽん小町

 

すっぽん小町♡すっぽんサプリ7年連続通販売り上げナンバーワンの実績!

 

確かな実績があり、芸能人にも愛される!大人気のコラーゲンサプリ【すっぽん小町】

 

血管の構造

 

すっぽん小町

 

コラーゲンが「血管」でも、その強度と弾力性を担う重要な成分だということもわかっています。

 

血管は大きく「内膜」「中膜」「外膜」の3層になっており、コラーゲンは「中膜」に主に存在し、血管の強度と弾力性を担っています。

 

血管のコラーゲンが劣化し強度や弾力が失われてくると、高血圧になりやすくなったり、血流が悪くなり血栓ができ動脈硬化を引き起こす要因にもなります。

 

一概には言えませんが低血圧気味の方の方が血管年齢は若い傾向にあります。

 

コラーゲンで生活習慣病予防!?

 

コラーゲンが動脈硬化や高血圧、脳梗塞、心筋梗塞などを予防・改善するメカニズムについてあなたに紹介していきます。参考にして頂けたら幸いです(^_-)-☆

 

血管の大部分はコラーゲン

 

コラーゲンは血管の外壁を形成しています。

 

血管は、内膜・中膜・外膜の3層構造になっており、中膜の大部分がコラーゲンでできています。
従って、血管の弾力や強度は血管中のコラーゲンの質と量によって左右されます。

 

高血圧

血管中のコラーゲンが不足していた場合、柔軟性が少ない硬い血管になってしまいます。
そのことによって血流が悪くなるため、血管を無理やり通ろうとする血液によって圧が高まり、高血圧へと発展していくのです。

 

血管には絶えることなく小さな傷が生じますが、コラーゲンはその傷も修復してくれる作用を持っています。

 

体内のコラーゲンが少なくなるとその傷の修復はできなくなります。

 

傷口にはコレステロールなどが付き、血管は細くなり、弾力性もなくなります。これは動脈硬化の原因のひとつになります。

 

コラーゲン不足が動脈硬化の原因?

 

動脈硬化ってどんな病気?

動脈硬化はスムーズに血液が流れなくなる病気です。

 

動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまってしまい、それが詰まることで血液が流れなくなります。

動脈硬化の原因は?

 

すっぽん小町

 

アルコール・甘いもの・高カロリー食の摂りすぎや運動不足・加齢・ストレス・喫煙・高血圧・肥満・などと言われており、いわゆる生活習慣病と言われています。

 

コラーゲンが足りなくなると血管が細く・硬くなることから、コラーゲン不足も動脈硬化の原因として考えられるのです。

 

動脈硬化が進行すると心筋梗塞・脳出血・脳梗塞といった深刻な症状を招きかねません!

 

高血圧、脳梗塞、心筋梗塞は、コラーゲンを摂取すると血管の老化を防ぐことができ、動脈硬化の原因を減らせることが可能です。

 

また、コラーゲは高血圧防止にも効果があります。血管の老化を防止することもできです。

 

高血圧を放置していると・・・

 

すっぽん小町

 

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞・脳出血等深刻な病を引き起こしかねない症状です。コラーゲン摂取で高血圧の予防につとめましょう!

 

コラーゲンはよく知られている美容としての役割のみならず、あらゆる症状に高い効果を発揮しています。

 

血管や血液などは取り替えが効かない重要な体の組織です。

 

血管の劣化や老化を防ぐ意味も込めて、コラーゲン不足にならないように毎日こまめに補っていくことがポイントです。生活習慣病を予防するためにもコラーゲンの摂取は実は結構!重要なことなのです!(^^)!

 

血管年齢=体内年齢=見た目年齢(^_-)-☆

 

すっぽん小町

 

すっぽん小町

 

すっぽん小町

 

すっぽん小町

 

すっぽん小町メインへ