MENU

コラーゲンの役割

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



「コラーゲン」と聞くと、美肌を作るイメージが強いと感じる女性は多いかもしれませんが、コラーゲンは肌だけでなく、実は私たちの身体のさまざまな部分にもともと存在しています。

 

しかし、残念な事にコラーゲンは、35歳頃を境に量と質が落ちていくのです。

 

すっぽん小町

 

そもそも、コラーゲンとは?

 

コラーゲンは、身体の弾力やしなやかさを生み出すタンパク質のひとつで、コラーゲンは、肌だけでなく骨や血管、関節などにも含まれています。
肌でいうと、コラーゲンは真皮層に含まれ約70%を占めています。

 

体内にあるコラーゲンのうち、その多くは皮膚に存在しており約40%を占めていて、約20%は骨や軟骨に、残りは内臓や血管など全身に渡って広く存在しているのです。

 

すっぽん小町

 

コラーゲンの役割

 

すっぽん小町

 

コラーゲンの役割は幅広く、肌のハリや弾力を与える、関節をスムーズに動かす、骨を丈夫にする、そして、血管のしなやかさを保つなどさまざまな働きがあります。また、コラーゲンには細胞と細胞を結ぶ役割もあります。

 

コラーゲン♡お肌での役割とは?

 

コラーゲンのお肌での役割は、真皮層に網目のようにコラーゲンが張り巡らされ、バネやベッドのスプリングのような役割をもち、肌のハリと弾力をキープしています。

 

コラーゲンはエラスチンやヒアルロン酸と同じように繊維芽細胞でつくられていますが、年齢とともに機能が落ちてしまうためシワやたるみなどの症状が現れます。

 

コラーゲンの骨においての役割とは?

 

コラーゲンの骨においての役割は、コラーゲンが支えとなってその周囲にカルシウムなどのミネラルが付着することで丈夫な骨がつくられます。血管をつくっているのもコラーゲン線維。血管の強さや弾性を保って、血管が傷ついた時には修復をサポートしています。

 

すっぽん小町

 

また、年齢とともに出てくる関節の痛みはの原因は、コラーゲンの生成が少なくなることで関節の軟骨がすり減ってしまうことで起きます。
コラーゲンがあることで、関節の軟骨が弾力性を保つことができ、スムーズに痛むことなく動かすことができるのです。

 

その他にも、コラーゲンは丈夫な爪や髪、筋肉、傷に対する治癒力、血圧や血糖値を調整するなど私たちが生きていく上で様々な重要な役割を担っているのです。

 

すっぽん小町

 

【すっぽん小町♡最安値】

あなたも、是非このチャンスお見逃しなく!

すっぽん小町公式サイトにて♪最安値&プレゼント付きキャンペーン実施中

↓↓↓↓

 

すっぽん小町メインへ